ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > きしわだの話題 > 正月の風物詩、久米田寺「千本づき(餅つき)」

正月の風物詩、久米田寺「千本づき(餅つき)」

印刷用ページを表示する 2019年1月7日掲載

 石臼を子供や大人が囲んで、長い棒で餅を持ち上げている写真

参拝者が細長い杵で力を合わせて餅をつく「千本づき」が1月3日(木曜日)、久米田寺で行われました。

千本づきは久米田寺で毎年、正月恒例の行事として行われています。

法被を着た関係者が杵で臼のもち米をこねている写真

集まった子どもたちは、臼を囲み、棒状の杵で力一杯餅を持ち上げていました。

石臼を子供や大人が囲んで、長い棒で餅をついている写真 石臼を子供や大人が囲んで、長い棒で餅をついている笑顔の写真