ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > きしわだの話題 > 久米田寺で、正月恒例「千本づき(餅つき)」

久米田寺で、正月恒例「千本づき(餅つき)」

印刷用ページを表示する 2017年1月4日掲載

1月3日(火曜日)、久米田寺で千本づきが行われました。

久米田寺の門と、門の入口から奥の多宝塔が映る写真です

千本づきは久米田寺で毎年、正月恒例の行事として行われているもので、何本もの棒状の杵で餅をつきます。

臼を囲んで、子供たちと大人が棒状の杵で餅をついている写真です

小さな子供と笑顔の女性が餅をついている写真です。

集まった子どもたちは、みんなで力を合わせてお餅を持ち上げます。

子どもたちが棒状の杵で餅を持ち上げている写真です 子どもたちと大人たちが棒状の杵で餅を持ち上げて上を向いている写真です

千本づきに参加した人、見物する人、みんなに笑顔がこぼれていました。