ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > きしわだの話題 > 土生町の伝統芸能・土生鼓踊り

土生町の伝統芸能・土生鼓踊り

印刷用ページを表示する 2014年8月20日掲載

今年も8月14日(木曜日)・15日(金曜日)に土生公園(土生町4丁目)で「土生鼓踊り」が行われました。

土生公園入口 土生公園入口

「岸和田まち歩き周遊キャンペーン まつり前 岸和田城下町」(岸和田城周辺まちづくり協議会主催)の「ゆかたで参加OK! 土生鼓踊りに酔いしれる 」が開催され、土生鼓踊り保存会の協力の元、土生鼓踊りの歴史や内容の解説を受けた後、実際の踊りを体験しました。

土生鼓踊りを解説している様子 解説を受けている様子

土生鼓踊りの由来は、地元の伝承によると、室町時代に干ばつが続き、米が不作で困っていた土生地域の農民が、雨ごいのため葛城山に登り山頂の八大龍王に祈願したところ、願いが届き雨が降りだしたので、大喜びした農民たちが土生神社の境内で樽や太鼓をたたいて踊ったのが始まりと伝えられています。

土生鼓踊りの様子 土生鼓踊りの様子

信貴市長も駆けつけ、「すばらしい伝統を次の世代に受け継いでいってほしいものです」と話しました。

あいさつする信貴市長

櫓の中央に樽、左に締太鼓を置き、「ぶち」と呼ぶ短いばちで体を回転させたり、そらせたりしながらアクロバットのように音頭に合わせてリズミカルに樽と太鼓をたたきます。

ひょっとこ姿の樽たたき ひょっとこ姿の樽たたき

おかめ姿の樽たたき おかめ姿の樽たたき

15日には、大人も子どもも思い思いの衣装を身に着けて、仮装大会が行われます。

土生鼓踊りは、市の無形文化財にも指定されています。