ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > きしわだの話題 > 「朝ドラサミットin岸和田」 華々しく開催!

「朝ドラサミットin岸和田」 華々しく開催!

印刷用ページを表示する 2012年11月13日掲載

 7月に、朝ドラの舞台地となった自治体が連携し、全国初の「朝ドラ舞台地ネットワーク(外部リンク)」を発足させました。このスタートを記念し、ネットワークに参加する鳥取県境港市、島根県松江市・安来市、東京都大田区が参加し、11月10日(土曜日)、浪切ホールで「朝ドラサミットin岸和田」が行われました。

朝ドラサミットの写真です

朝ドラサミットの写真です

 サミットは、フルートとピアノのデュオ「ピアーチェ」さんによる、朝ドラ主題歌メドレーの演奏で始まりました。

朝ドラサミットの写真

 軽やかに美しい音色で奏でられる主題歌が、それぞれの朝ドラの思い出深い場面を甦らせます。参加自治体の皆さんも、観客の皆さんも、静かに聞き入っていました。

 演奏が終わると、サミットの仕掛け人であり、開催地でもある岸和田市を代表し、野口聖市長が開会のあいさつをしました。

野口聖市長あいさつ

朝ドラサミットの写真です

 本日は、全国で初となる「朝ドラサミット」に、市内外から大勢の皆さまにご参加いただいたこと、また、開催に至るまでに多くの関係団体の皆様にご尽力いただいたことを、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 NHKの「朝ドラ」と言えば、昭和36年から続く、放送業界においてもっともブランド力のある番組の一つです。

 昨年度は「カーネーション」が岸和田市を舞台として制作・放映されたことを契機として、本市でも推進協議会を立ち上げ、広報事業や産業支援事業などを通じ、地域活性化に取り組んでまいりました。

 このような取り組みは、各ドラマの舞台地となった地域でも独自になされているものと存じております。しかし、このような取り組みをそれぞれの地域ごとの一過性のものに終わらせることなく、全国的に広げ、つなげ、スケールメリットを生かした体制を構築し、各舞台地の地域資源を全国に発信することで、地域の再生・活性化を目指したいと企画したのが「朝ドラサミット」です。
 これをキックオフとして、今後、このつながりがさらに広がり、全国各地の舞台地の皆さんと連携し、それぞれの地域の魅力を全国に発信していくことを大いに期待しております。

 最後に、本日のサミットが盛大・成功に催されることを祈念し、開会のあいさつとさせていただきます。

自治体代表者あいさつ

開会のあいさつの後、参加自治体の代表者からもそれぞれあいさつをいただきました。

事例発表

各自治体から、朝ドラを契機とした取り組みやイベントなどのPRが行われました。

朝ドラサミットの写真です(岸和田市の事例発表)

トークセッション

その後、関西大学社会学部教授マス・コミュニケーション学専攻の山口誠氏をコーディネーターとして、各自治体の参加者同士でトークセッションが行われました。

朝ドラサミットの写真です

トークセッションの終盤には、連続ドラマ小説「だんだん」にヒロインとして出演した三倉茉奈さん・佳奈さんがスペシャルゲストとして出演し、朝ドラのロケ地での思い出や、トークセッションの感想などを話してくれました。

朝ドラサミットの写真

朝ドラサミットの写真です

朝ドラサミットの写真です