ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > きしわだの話題 > 冬を彩る煌めき 浪切ホールウインターイルミネーションは11月4日(日曜日)から

冬を彩る煌めき 浪切ホールウインターイルミネーションは11月4日(日曜日)から

印刷用ページを表示する 2012年11月2日掲載

すっかり岸和田の冬を彩る風物詩となった、浪切ホールのウインターイルミネーション。10月30日(火曜日)から続けられていた設置工事が完了し、11月1日(木曜日)、テスト点灯が行われました。

「浪切ウインターイルミネーション」は11月4日(日曜日)~2013年2月14日(木曜日)の日没後(午後5時頃)~23時まで点灯されます。

浪切ホールウインターイルミネーションの写真です

昨年からデザインが変わり、直径5メートル、全高12メートルの吊り型LEDイルミネーションが5つ、高さを変えながら設置されています。白・緑・青と美しい輝きを生むLED電球は全部で約6万球も使われていますが、消費電力は280ワット(理論値)ということです。

浪切ホールウインターイルミネーションの写真です

イルミネーションを点灯し、天井のライトを落とすと、ホールとレストランの暖かな明かりを背景に、5つのツリーが幻想的に浮かび上がります。

浪切ホールウインターイルミネーションの写真です

夜になるとぐっと冷え込むようになってきましたが、冷たい夜気の中、イルミネーションはいっそう冴え冴えとした煌めきを放っているように見えました。

浪切ホールウインターイルミネーションの写真です

お出かけがてら、皆さんもぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。